macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

音楽

光のスペクトルと音階、いろおんぷ(色音符)

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 2019年6月ごろ、光のスペクトルの波長と色の関係が話題になっていた。波長を横にとって色をならべたものが、音階、あるいは鍵盤楽器のキーボードに似ているという感想があった…

題名を思い出せない曲、「故郷の空」、「ほたるの光」

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】【これはまったく個人的な覚え書きで、知識を提供する記事でも、意見を主張する記事でもありません。】 - 1 - わたしは、メロディーを思いだすが、曲の名まえも、歌詞も思いだせない、…

音楽著作権使用料の問題をめぐって考えること

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 音楽の著作権については、前から慢性的に気にかかってはいたのだが、2017年2月2日の報道、たとえば朝日新聞に「音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も」という見出し…

移動ド育ちの「ドソドミソ」

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】【この記事は、個人的事実と感想を述べたもので、社会に対する主張を述べたものではありません。】ネット上で「ソレソシレ」という文字列を見かけた。「悪口を言う」と似た意味の「そ…

データの「可聴化」「聞こえる化」を考えてみる(まだ机上論)

「データの可視化」は、いろいろな需要があるが、とりわけて言えば20世紀以来の自然科学をやっていくためには必須のことであり、そのための技術開発もいろいろされている。データにもいろいろあるが、ここではおもに数量であらわされるものを考える。ただし…

「ぼくらの町は川っぷち」「ぼくらの空は四角くて」

作曲家の林 光 (はやし ひかる)さんが亡くなったそうだ。直接知っている人ではないので、亡くなったこと自体に感慨があるわけではないが、このかたの作品をめぐるわたし個人の思いを書きとめておきたい。わたしが林さんの名まえを知っているのは、小学生のと…