macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

多言語雑談

要素を兼用した複合語 -- 気もちわるく感じるもの、そうでもないもの

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 日本語の中の、漢語起源の要素からなる熟語で おなじ要素をふくむものを くっつけてひとつのことばにしてしまうとき、おなじ要素をひとつだけにしてしまう、というかたちでつく…

日本語の文字づかいの議論をするカテゴリー「文字づかい」をたてます

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 このブログでは、日本語を、ひらがな、かたかな、漢字、ローマ字などの文字をつかって、どのように書くかについての議論を、たびたびしています。これまで、そのような話題の記事を、…

表意文字、表語文字

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】 - 1 - 「漢字は表意文字か?」というような議論を見かけたので、考えを整理してみたくなった。わたしは1960年代の子どもとして、小学校・中学校の「国語」の参…

(タイの地名の) 母音の長短を書きわけるには

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】 - 1 - 外国語由来のことばを日本語の中で書くとき、母音の長短の書きわけの問題がある。たとえば、英語の場合、強く発音する音節ならば長短の区別が明確なの…

生徒、student、学生

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】 - 1 - だれかが大学生をさして「生徒」と言うと、「それはまちがいだ」という指摘がされる。確かに、公式な用語では、大学生は「学生」であって「生徒」では…

「チバニアン」でよいのか?

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】 - 0 - この記事は、[前の記事]に関連するが、前の記事が入門的解説を意図したものなのとはちがって、この記事は個人的感想を書いたものだ。雑談であって結論…

しんす - た

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】この記事はまったく個人的覚え書きで、知識を提供するものでも、意見を述べるものでもありません。 - 1 - 表題の「しんす」と「た」のあいだには、便宜上、文字コードのうち古くからあ…

ソンタク (忖度)

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 「そんたく」ということばを、去年(2016年)ごろからよく聞くようになったと感じる。正確に言うとわたしは「聞く」というよりもネット上で文字を見ている。その文字は漢字の「忖…

云々 (うんぬん) と「でんでん」

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 2017年1月24日、総理大臣が国会での答弁中に「でんでん」と言ったが、それは原稿に「云々」と書いてあったのを読みまちがえたのだった、ということが話題になった。世間でその…

氏名の順序をひっくりかえすのか、ひっくりかえさないのか

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 日本人が名まえをローマ字で書くとき、氏名[この用語については2節参照]の順序をどうするか、また、family name [2節参照]を全部大文字にするのがよいか、ということが、話題に…

英雌

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 2015年12月はじめごろ、「英雄」ということばを使おうとして、ふと、「雄」という字が気になった。 - 2 - 「英雄」は西洋のことばの hero に対応する意味で使われることも多い…

「まなざす」についての議論をきっかけに、専門用語のこと、ことばつくりのこと

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 -2016年1月26日ごろ、Twitterで、「まなざす」ということばを使った議論をしている人たちと、「まなざす」ということばは日本語として変だと言う人たちとの間で、感情的な言い合…

英語と日本語が混ざるとき

東海道新幹線の車内で英語のアナウンスを聞いた。録音にちがいないのだが、いくつかの駅でのアナウンスでは明らかに単語ごとに録音したものを機械でつないでいるのとは違って、文単位で人が続けて読んだもののようだ。それでいて、英語の単語は英語らしい発…

QWERTY (2)

[前の記事]に、思いがけず、参照した論文の著者の安岡孝一さんからコメントをいただいたので、もう少し調べてみた。(ただし「少し」であって「詳しく」ではない。この主題についてはわたしは気にかけつづけるつもりではあるが、本気で調べるかどうかは、まだ…

QWERTY

現在のコンピュータ用のキーボードのアルファベットの配列は、英語用の場合で言えば、左からQWERTYと文字がならんでいる。(日本語用キーボードでは、かなが加わり、記号類の位置が英語と違うところがあるが、アルファベットに関しては英語用と同じものが使わ…

「風立ちぬ」

「風立ちぬ」という映画が話題になっている。わたしは映画を見る習慣がないし、宮崎駿(はやお)監督にもとくに興味がない。航空工学の中身に立ち入った話ならば、気象学の歴史にもかかわる可能性があるのだが、うわさによればそうではなさそうだ。関東大震災…

スーパーグローバル大学

2013年7月末ごろ、「文部科学省が、いくつかの大学を『スーパーグローバル大学』化するという事業を始める」という趣旨の報道があった。あとでウェブ検索をすると、報道記事はいくつか見つかるが、文部科学省からの新しい発表は見つからず、少し前の5月28日…

人間力

2013年7月25日、下村文部科学大臣の発言をきっかけに、「人間力」ということばが話題になった。わたしが27日ごろまでにTwitter上のいろいろな発言を見て考えたことをまとめておく。Twitter上の発言者のお名前はひとまず出さない形にしておく。「人間力」とい…

ベテラン

ひとつ前の記事(のもとになったプレゼンテーションファイル)を書いたとき、ふと、自分は「ベテラン」だと言いたくなったのだ。1960年代の子どもとして、わたしは日本語に「ベテラン」ということばがあることを知った。おもにスポーツの報道で使われていたが…

「シュミレーション」から「しむらし」へ

「シミュレーション」ということばを連発してしまったが、わたし自身、日本語の会話の中でこの単語を正確に発音できる自信がない。もっと短い形にならないかと思う。2008年に[このような記事]を書いた。

Cool Japan = 日本を冷やせ(?)

ある人が「『Cool Japan』よりも別の『XXXX Japan』のほうがいいのではないか」というような議論をしていた。(そこで話題になっていたXXXXには、ここでは話を広げないことにする。) そのときわたしは一瞬、「Cool Japan」を「日本を冷(ひ)やせ」だと思った。…

東アジア共通語として漢文を使う可能性があるか

[1月2日の記事]では、アジア共通語として英語をもとにした半人工言語を使うことを考えた。共通語の候補としてはもう一つの考えがある。漢文である。ただしこれはアジアのうちでも漢字文明圏にしか通用しない。東アジアと東南アジアを分けるとすれば、東アジ…

アジア共通語のウェブサイトを作ろう

アジアの人々が知識を共有する場がほしいと思う。たとえばウェブサイトだ。ところが、アジアの人々が使っている言語は多様だ。どういう言語で述べれば伝わるかという問題がある。アジアの人が集まる国際会議では、通訳がはいる場合もあると思うが、(昔はとも…

わたしの個人言語と共通語の違い

(わたし以外の人に意味のある情報ではないと思うが、頭の中の「場所をあける」ために書き出すことにする。)わたしは静岡県と愛知県の数か所で育ったが、そのいずれの地域の方言も身につけなかった。方言の要素をとりこんでしまったところはあると思うが、わ…

わたしは機械翻訳をどのように使うか

正確な事実を確認していないのだが、「どこかのウェブページの外国語版を作る際に機械翻訳の結果をそのまま使って恥ずかしいことになってしまった」という話を聞いた。機械翻訳の結果は、そのまま訳文として公開できるものではない。これは現在の技術水準だ…

氷河時代、氷期、小氷期

- 記事分類上のおことわり - この記事をひとまず「気象むらの方言」に入れたがこれは正確な分類ではない。ここでの話題は、気象学の用語というよりも、古気候学の用語だ。ただし、古気候学は教材が標準化された専門分科ではなく、地球科学のさまざまな専門分…

日本語140字は英語140字の約2倍

Twitterの字数制限は140字だが、英語のアルファベットも日本語の文字も1文字と数えられることを最近知った。日本語140字ならば英語140字のだいたい2倍の情報を書ける。きちんと数えなおすゆとりがないのだが、英語の文書を日本語に訳したとき、バイト数で約2…

カチャタナパマヤラワ

10年ほど前、タイ語の初歩を勉強しようと思った。もっとも、タイ語を話せるようになろうと思ったわけではなく、タイ語で注記された地図が読めるようになりたかっただけなので、実質、文字の読みかただけを勉強した。ただし、タイ語・日本語やタイ語・英語の…

怒 = ndo

Donald Keene氏が日本国籍をとった。名まえの正式表記はかたかなの「キーン ドナルド」にしたらしいが、「雅号」として漢字の「鬼怒鳴門」と名のることにしたそうだ。日本の地名の知識のある人ならば、これを「きぬ なると」と読むのがふつうだろう。しかし…

ついったー語の観察覚え書き

わたしは、ついったー語がまだ話せないが、2011年末以来、ときどき聞いている。そのうちで、日本語との違いと思われることを書きとめておく。ただし、まだ少ない例数からの推測なのでまちがっているかもしれない。この記事はわたしの認識があらたまるごとに…