macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

行事お知らせ

気象学史研究会 「モンスーンアジアの気象データレスキュー」(2021-05-19、オンライン)

2021年5月19日 (水)の晩に、気象学史研究会 「モンスーンアジアの気象データレスキュー」がおこなわれます。日本気象学会 春季大会 にあわせてひらかれるもので、気象学会大会は参加費がかかりますが、気象学史研究会の参加は無料です。参加もうしこみが必要…

日本気象学会 2021年度 春季大会 (2021-05-16..20 オンライン、2021-05-21 つくば)

【[2021-04-16 改訂] 筑波大学会場での開催がなくなり、全部オンライン開催となりました。日本気象学会サイトにお知らせが出ています。 https://www.metsoc.jp/2021/04/16/25170 】日本気象学会 2021年度 春季大会は、研究発表は2021年5月16日 (日) から 20…

日本地球惑星科学連合 (JpGU) 大会 (2021-05-30 .. 2021-06-06、オンライン)

日本地球惑星科学連合 (JpGU) の 2021年大会は、2021年5月30日(日)から6月6日(日)まで(ただし6月2日をのぞく)、全部オンラインで開催されることになりました。公開セッションは日曜に予定されており参加無料です。その他のセッションは参加費がかかりますが…

気候市民会議さっぽろ2020報告シンポジウム 「市民の対話でつくる脱炭素社会の将来像」 (2021-03-20 オンライン)

温室効果ガス排出実質ゼロの「脱炭素社会」をどのように実現すべきかについてくじ引きなどで選ばれた一般の市民が議論する「気候市民会議」が札幌で開かれました。2021年3月20日(土)、この会議について報告し、その知見をどう生かすか議論するシンポジウムが…

地球研 創立20周年記念シンポジウム (2021-04-23, 24 京都およびオンライン)

2021年4月23日(金)と24日(土)に、総合地球環境学研究所 (地球研) の20周年記念シンポジウム 「人新世における総合地球環境学の未来」 と 「人新世を生きる私たちと地球の未来可能性」が開かれます。会場は京都ですが、オンライン配信もされます。くわしくは…

日本学術会議 学術フォーラム「新たな地球観への挑戦 -- 地球惑星科学の国際学術組織の活動と日本の貢献」 (2021-02-15, オンライン)

2021年2月15日(月) 13時から、日本学術会議 主催の 学術フォーラム「新たな地球観への挑戦 -- 地球惑星科学の国際学術組織の活動と日本の貢献」がオンライン開催されます。くわしくは、学術会議サイトのこのページをごらんください。http://www.scj.go.jp/ja…

海洋研究開発機構 地球環境シリーズ講演会 (2020-10-28、オンライン)

2020年10月28日(水)、海洋研究開発機構(JAMSTEC)による「地球環境シリーズ」講演会「未来へ、豊かな生態系おの海を届けるために -- 持続可能な開発のための海洋科学の10年」が、オンラインでひらかれます。海洋の環境が主題で、海洋の物理・化学、生態学、水…

気象学史研究会「明治創設期の測候所と気象学」(2020-10-29、オンライン)

2020年10月29日(木)の晩に、日本気象学会 気象学史研究連絡会 の主催による気象学史研究会「明治創設期の測候所と気象学: 期待と役割 -- 旧測候所保存資料から探る」が、オンラインで開催されます。1879 (明治12) 年につくられた広島測候所 (現在は気象庁の…

国連大学 トークイベント「今こそ知りたい、気象と災害」 (2020-09-24 オンライン)

2020年9月24日(木)の晩に、国連大学の主催で、気象庁 気象研究所の雲研究者 荒木 健太郎さんと、国連大学 副学長で水文[すいもん]学者の 沖 大幹 [おき たいかん] さんが参加者と話し合うトークイベントがオンラインで開かれます。参加は無料ですが、事前の…

講演会「地球温暖化を予測する」(2020-10-16、オンライン)

2020年10月16日 (金)、文部科学省が推進する科学研究事業である「統合的気候モデル高度化研究プログラム」の主催による講演会「地球温暖化を予測する -- 地球規模の変化から身近な影響まで」が、オンラインで開催されます。無料ですが事前もうしこみが必要で…

国立環境研究所 オンラインイベント 「気候変動研究と脱炭素社会」 (2020-10-01)

2020年10月1日 (木)、国立環境研究所 地球環境研究センター 設立30周年記念 オンラインイベント 「気候変動研究と脱炭素社会 -- これまでの30年、これからの30年」があります。第1部「地球観測座談会」、第2部「世代横断パネルディスカッション」にわかれて…

シンポジウム「豪雨・台風の高精度な予測をめざして」 (2020-09-26、オンライン)

2020年9月26日(土)、スーパーコンピュータ「富岳」を利用した気象・大気環境予測のプロジェクトの公開シンポジウム「豪雨・台風の高精度な予測をめざして」が、オンライン (Zoom) でおこなわれます。くわしくは、東京大学 大気海洋研究所のサイトのこのペー…

気象 夏の学校 (2020-09-05..06 オンライン)

2020年9月5日(土)・6日(日)、「気象 夏の学校」が、オンライン開催されます。これは、日本気象学会の「夏期特別セミナー」と位置づけられています。日本気象学会ウェブサイトのお知らせページ https://www.metsoc.jp/event/2020/07/30/21847 と、今回の「夏…

日本気象学会「夏季大学」(公開講座)「雲の科学」 (2020-08-22..23、オンライン)

2020年8月22日(土)・23日(日)に、日本気象学会主催の「夏季大学」という公開講座が開かれます。今年の主題は「雲の科学」です。今年は、オンライン開催で、無料ですが、事前登録が必要です。くわしくは、気象学会ウェブサイトのこのページをごらんください。…

国立環境研究所 公開シンポジウム (2020-08-03 .. 2020-08-07、オンライン)

2020年8月3日(月)から7日(金)まで、国立環境研究所 公開シンポジウム『あなたの都市の環境問題 -- いま何が起きているか』が、YouTubeオンライン配信のかたちでおこなわれます。くわしくは、国立環境研究所サイトのつぎのページをごらんください。http://www…

気象学史研究会 (2020-08-22, オンライン) 《「天気予報の自由化」25年」》

【今回の記事は、わたしの授業の受講生むけのお知らせではなく、関心のある一般のかたむけのお知らせです。】日本気象学会の気象学史研究連絡会は、これまで、気象学会の大会にあわせて「気象学史研究会」を開いてきましたが、今年は、春の大会が予稿集のみ…

シンポジウム「気候変動に対応した防災・減災のありかた」 (2020-03-04 東京・乃木坂)

【延期のおしらせ [2020-02-26 補足] このシンポジウムは延期されることになりました。かわりの日程は まだきまっていませんが、きまったら同じウェブページに発表される予定です。】2020年3月4日(水)、東京の日本学術会議講堂 (もより駅は千代田線の乃木坂)…

「低頻度巨大災害を考える」シンポジウム (2020-03-18 東京・乃木坂)

【[2020-03-08 補足] このシンポジウムは、会場に人を集めるのではなく、インターネット中継によっておこなうことになりました。下の本文でしめしたURLのリンクさきをごらんください。】2020年3月18日(水)、東京の日本学術会議講堂 (もより駅は千代田線の乃…

海の火山についての講演会 (2020-02-23 東京・上野)

2020年2月23日(日)、東京・上野の国立科学博物館で、海洋研究開発機構 海域地震火山部門の講演会「もっと知ろう、おもしろ海の火山学」があります。くわしくは、海洋研究開発機構のサイトのこのページをごらんください。http://www.jamstec.go.jp/rimg/j/sym…

台風19号(2019年)の災害に関する報告会 (2019-12-24 東京・乃木坂)

2019年12月24日(火)、東京の日本学術会議講堂 (もより駅は千代田線の乃木坂)で、日本学術会議と防災学術連携体による公開シンポジウム「令和元年台風19号に関する緊急報告会」が開かれます。なお、大阪の会場に中継されます。くわしくは、日本学術会議サイト…

「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」成果報告会 (2020-01-31 東京・大手町)

2020年1月31日(金)、東京・大手町の気象庁 講堂で、文部科学省の研究プロジェクト「観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化」の成果報告会があります。一般公開ですが、気象予測と数値計算についての基礎知識のある人むけの講演です。くわ…

気象庁 気候講演会「海と気候変動」 (2020-02-01 東京・一ツ橋)

2020年2月1日(土)、東京の一橋講堂 (もより駅は竹橋または神保町) で、気象庁ほか主催の気候講演会「海と気候変動」があります。くわしくは気象庁のサイトの気候講演会のページをごらんください. https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/climate_lecture/index.…

講演会「北極研究から見えてきたもの」(2019-12-15 東京・本郷)

2019年12月15日(日)、東京大学本郷キャンパス (もより駅は本郷三丁目ほか)で、文部科学省の事業で国立極地研究所ほかが実施している「北極域研究推進プロジェクト (ArCS)」の公開講演会「北極研究から見えてきたもの」があります。くわしくは、ArCSウェブサ…

気象研究所 研究成果発表会 (2019-12-07 東京・一ツ橋)

2019年12月7日(土)、東京・一ツ橋の一橋講堂 (もより駅は神保町または竹橋)で、気象庁 気象研究所の研究成果発表会があります。くわしくは、気象研究所サイトのこのページをごらんください。http://www.mri-jma.go.jp/Topics/R01/011207/Happyoukai2019.html

シンポジウム「地球環境変動と人間活動」(2019-12-21 東京・乃木坂)

2019年12月21日(土)、東京の日本学術会議講堂 (もより駅は千代田線の乃木坂)で、日本学術会議 地球惑星科学委員会 地球・人間圏部会のシンポジウム「地球環境変動と人間活動 -- 世界各地で急速に深刻化する地球温暖化の影響と対策」があります。海と陸の境界…

GCOM衛星シンポジウム 「しきさい」と「しずく」がとらえた地球 (2019-12-20 東京・お茶の水)

2019年12月20日(金)、東京・お茶の水のソラシティで、JAXA (宇宙航空研究開発機構) 主催の「GCOM衛星シンポジウム 「しきさい」と「しずく」がとらえた地球」があります。GCOMは気候変動のモニタリングをねらった地球観測衛星で、そのうち可視光などによる観…

IPCCシンポジウム「くらしの中の気候変動」(2019-11-21 東京・本郷)

2019年11月21日(木)、東京大学 本郷キャンパスで、環境省と気象庁の主催で、IPCCシンポジウム「くらしの中の気候変動」があります。IPCC (気候変動に関する政府間パネル)では、2019年のこれまでに、『各国の温室効果ガス算定のための2019年方法論報告書』、…

「国連の持続可能な海洋科学の10年」シンポジウム (2019-11-06 東京・虎ノ門)

2019年11月6日(水)、東京 虎ノ門の笹川平和財団 海洋政策研究所で、日本学術会議 (海洋生物学分科会、SCOR分科会)主催のシンポジウム「国連の持続可能な海洋科学の10年」があります。2021年から2030年に、海洋の研究と環境保全をどのようにすすめていったら…

国立天文台 (三鷹) 公開「三鷹・星と宇宙の日 2019」(2019-10-25..26)

2019年10月25日(金)・26日(土)、国立天文台 (東京都 三鷹市 大沢、おもな交通手段は 中央線 武蔵境 または京王線 調布 からバス) の公開イベント「三鷹・星と宇宙の日 2019」があります。くわしくは、国立天文台のサイトにあるこのページをごらんください。h…

海洋研究開発機構(JAMSTEC) 横須賀本部(追浜) 研究施設公開 (2019-11-02)

2019年11月2日(土)、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の横須賀本部(もより駅は京浜急行の追浜[おっぱま])の施設一般公開があります。くわしくは、JAMSTECウェブサイトの つぎのページをごらんください。http://www.jamstec.go.jp/j/jamstec_news/20191102/