macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

行事お知らせ

国立環境研究所 夏の大公開 (2023-07-22 つくば)

2023年 7月23日 (土)、つくば市にある国立環境研究所の一般公開があります。くわしくは国立環境研究所のサイトのこのページをごらんください。https://www.nies.go.jp/event/kokai/2023/index.html (行事の多くは小学生ぐらいの子どもむけのようです。)

JAMSTEC講演会「海で科学する -- 観測がすすめる地球環境の理解」 (2023-08-10 オンライン)

2023年8月10日 (木)、海洋研究開発機構 (JAMSTEC) の「地球環境シリーズ」講演会「海で科学する -- 観測がすすめる地球環境の理解」がオンライン開催されます。くわしくは、JAMSTEC ウェブサイトのこのページをごらんください。 https://www.jamstec.go.jp/j…

気象学会「夏季大学」 (2023-08-05..06、オンライン)

日本気象学会の「夏季大学」という講習会が、2023年8月5日 (土)・6日(日) にオンライン開催されます。今回の題目は「新しい気象学 2023」で、おもに、気象のさまざまな課題への計算技術を応用する話があります。(別の記事で紹介した日本気象学会 関西支部の…

気象学会 関西支部「夏季大学」 「線状降水帯」 (2023-08-26 オンライン)

2023年 8月26日 (土)、日本気象学会 関西支部 による「夏季大学」 (という名の公開講座) がオンライン開催されます。主題は「線状降水帯」です。この行事は有料でひらかれたこともありますが、今回は無料だそうです。また、これの直前に、「気象関係 合同進…

「TRC台風専門学校」 2023年度第1回「台風と海」 (2023-06-22 横浜 みなとみらい、オンライン)

横浜国立大学 台風科学技術センター (TRC) が「TRC 台風専門学校」という名まえの連続公開講座を開いています。2023年度の第1回は「台風と海」について、2023年6月22日 (木) に、横浜 の みなとみらい の WeWork で開かれ、オンライン参加も可能です。くわし…

国立環境研究所シンポジウム「モニタリングから読みとく環境」 (2023-06-22 オンライン)

2023年6月22日 (木)、国立環境研究所の公開シンポジウム 「モニタリングから読みとく環境 -- 次世代につなげるために」 がオンライン開催されます。くわしくは、国立環境研のサイトのつぎのページをごらんください。 https://www.nies.go.jp/event/sympo/202…

シンポジウム「IPCC第6次評価報告書 統合報告書から気候変動の最新知見を学ぶ」 (2023-05-22 東京・虎ノ門、オンライン)

2023年5月22日 (月)、環境省、経済産業省、文部科学省、気象庁、地球環境産業技術研究機構 (RITE) によるシンポジウム 「IPCC第6次評価報告書 統合報告書から気候変動の最新知見を学ぶ」が開かれます。会場は東京の虎ノ門で、オンライン参加も可能です。事前…

シンポジウム 「夏季アジアモンスーン研究の多面的展開」 (2023-05-20 東京・本郷、オンライン)

2023年5月20日、日本気象学会によるシンポジウム 「夏季アジアモンスーン研究の多面的展開」が開かれます。会場は東京大学本郷キャンパスですが、オンライン参加も可能です。これは気象学会大会にともなうもので、大会参加には参加費が必要ですが、シンポジ…

シンポジウム 「最終氷期以降の日本列島の気候・環境変動と人類の応答」 (2023-06-11 オンライン)

2023年 6月11日 (日)、日本学術会議 (地球惑星科学委員会 の 国際連携分科会 と 地球・人間圏分科会) 主催のシンポジウム 「最終氷期以降の日本列島の気候・環境変動と人類の応答」がオンライン開催されます。くわしくは、共催団体となっている島根大学 エス…

気象サイエンスカフェ 「台風発達のメカニズム」 (2023-05-27 オンライン)

2023年5月27日 (土)、日本気象学会 と 日本気象予報士会 の主催による「気象サイエンスカフェ 東京」がオンライン開催されます。話題は「台風発達のメカニズム」です。くわしくは、気象サイエンスカフェのウェブサイトのこのページをごらんください。http://…

気象学史研究会 「戦前日本におけるベルゲン学派気象学への対応」 (2023-05-13 東京・新宿 と オンライン)

2023年5月13日 (土)、日本気象学会 気象学史研究連絡会 主催 の 気象学史研究会 「戦前日本におけるベルゲン学派気象学への対応」 が 東京 新宿 で開かれます。オンライン参加も可能ですが、事前申しこみが必要です。くわしくは、気象学史研究連絡会のウェブ…

「小倉義光先生追悼シンポジウム メソ気象研究の将来展望」 (2023-05-15 東大 柏キャンパス と オンライン)

2023年 5月 15日 (月)、日本気象学会 メソ気象研究連絡会 と 東京大学 大気海洋研究所 が主催する 「小倉義光先生追悼シンポジウム メソ気象研究の将来展望」が、東京大学 柏キャンパスで開かれます。オンライン参加もできますが、事前登録が必要です。くわ…

一般公開セミナー 「IPCCの過去と未来」 (2023-04-14 東京・本郷とオンライン、英語)

2023年 4月14日(金)、国立環境研究所の気候危機対応研究イニシアティブと、東京大学未来ビジョン研究センターによる一般公開セミナー「IPCCの過去と未来 -- 制度的な背景と将来への改革の展望」 が東京大学 本郷キャンパスで開かれます。オンライン参加もで…

国立環境研 IPCC・AR6統合報告書 オンラインイベント (2023-03-27 オンライン)

IPCC (気候変動に関する政府間パネル) の第6次評価報告書 (AR6) の統合報告書 が、2023年3月20日に発表される予定です。これを受けて、3月27日 (月) に、 国立環境研究所 の 対話オフィス が オンラインイベント「執筆者と深掘り! 気候変動の最新知見と、こ…

気象サイエンスカフェ「爆弾低気圧」 (2023-02-26 東京 虎ノ門 と オンライン)

2023年2月26日、日本気象学会と日本気象予報士会が主催するサイエンスカフェが、東京・港区立 みなと科学館 (もより駅は 地下鉄の 虎ノ門) で開かれます。オンライン参加もできます。平田 英隆さん (立正大学) による「嵐を呼ぶ爆弾低気圧のなぞに迫る」です…

気候予測シンポジウム (2022-01-12 東京・一ツ橋 + オンライン)

2022年1月12日、文部科学省の研究事業「気候変動予測先端研究プログラム」の公開シンポジウム「気候変動で日本はどうなるか -- 気候予測データセット2022の公表」があります。会場は、東京の一橋講堂 (もより駅は竹橋または神保町) で、オンライン配信もされ…

積雪観測・雪結晶撮影 講習会 (2022-12-17 オンライン)

2022年12月17日 (土)、「積雪観測 & 雪結晶撮影 講習会」がオンライン開催されます。主催は、日本雪氷学会 (北信越支部、関東・中部・西日本支部) と 防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター です。くわしくは、日本雪氷学会サイトの [このページ] をごら…

IPCC 第6次評価報告書 に関するシンポジウム (2022-11-30 東京会場とオンライン)

2022年11月30日 (水)、気象庁、文部科学省、農林水産省、環境省による「IPCCシンポジウム」『第6次評価報告書から考える私たちと気候変動』が開かれます。話題はおもにIPCC第1作業部会 (気候の変化) と第2部会 (気候の変化の影響と適応策) に関するものです…

台風についてのシンポジウム (2022-08-28 オンライン)

2022年 8月 28日 (日)、横浜国立大学 台風科学技術研究センター (TRC) のシンポジウムがオンライン開催されます。くわしくは、TRC のサイトのこのページをごらんください。https://trc.ynu.ac.jp/kouza/

地球環境シリーズ講演会 「極端現象 -- 豪雨をもたらすもの」 (2022-08-19、オンライン)

2022年 8月 19日 (金)、海洋研究開発機構 (JAMSTEC) 主催の地球環境シリーズ講演会 「極端現象 -- 豪雨をもたらすもの」 がオンライン開催されます。くわしくは、JAMSTEC ウェブサイトのこの行事のページ https://www.jamstec.go.jp/j/pr-event/earth-env202…

国立環境研究所 「夏の大公開」 (2022-07-16、つくば)

2022年 7月16日 (土)、国立環境研究所 (つくば市) の「夏の大公開」がおこなわれます。くわしくは、国立環境研究所ウェブサイトのつぎのページをごらんください。https://www.nies.go.jp/event/kokai/2022/index.html

海洋研究開発機構 「海と地球の研究所まるごとツアー」 (2022-07-18、オンライン)

2022年 7月18日 (月、「海の日」)、海洋研究開発機構 (JAMSTEC) の研究紹介行事 「海と地球の研究所まるごとツアー」 がオンライン開催されます。くわしくは JAMSTEC ウェブサイトのこのページをごらんください。https://www.jamstec.go.jp/j/pr/events/2022…

国立極地研究所 「南極・北極サイエンスウィーク」 (2022-07-25..30、東京・立川、一部行事はオンライン)

2022年7月25日 (月) ~ 30日 (土)、国立極地研究所 の 研究紹介行事 「南極・北極サイエンスウィーク」 が あります。行事はおもに東京都立川市にある研究所内でおこなわれますが、オンラインのものもあります。くわしくは、極地研ウェブサイトのこのページ…

日本気象学会 「夏季大学」「気候変動とその影響」 (2022-08-06 .. 07、オンライン)

日本気象学会では、毎年夏に「夏季大学」という講習会をしています。2022年はオンラインで、8月6日 (土)・7日 (日) にひらかれます。テーマは「気候変動とその影響」 です。くわしくは、日本気象学会ウェブサイトのこのページをごらんください。 https://www…

日本気象学会 真鍋淑郎先生ノーベル賞受賞記念 公開シンポジウム (2022-05-21 オンライン)

2022年5月21日 (土)、日本気象学会の2022年春季大会の一部として、真鍋淑郎先生ノーベル賞受賞記念 特別公開シンポジウムがオンライン開催されます。質疑討論への参加には大会参加登録が必要ですが、YouTube リアルタイム配信は手続きなしで視聴可能です。ノ…

科学技術週間 (2022-04-18 .. 2022-04-24)

日本では、4月18日の「発明の日」を含む1週間が「科学技術週間」とされています。2022年は、4月18日 (月) から 24日 (日) です。 この期間に、あちこちの研究所の一般公開、講演会、科学体験行事などがおこなわれます。とくに、筑波研究学園都市では多数の研…

シンポジウム「チバニアン、学術的意義とその社会的重要性」 (2022-05-24 東京・乃木坂 + オンライン)

2022年5月24日 (火)、日本学術会議 地球惑星科学委員会 IUGS分科会 ほか が主催する公開シンポジウム 「チバニアン、学術的意義とその社会的重要性」 が、東京 (もより駅は地下鉄の乃木坂) の日本学術会議講堂と、オンラインの併用で開催されます。くわしく…

シンポジウム「自然災害を取り巻く環境はどう変化してきたか」 (2022-05-09 東京・乃木坂 + オンライン)

2022年5月9日 (月)、日本学術会議 防災減災学術連携委員会 が主催する公開シンポジウム 「自然災害を取り巻く環境はどう変化してきたか」 が、東京 (もより駅は地下鉄の乃木坂) の日本学術会議講堂と、オンライン (zoomウェビナー) の併用で開催されます。く…

気象学史研究会「古典籍・古文書の自然現象記録を用いた気候復元と気候変動」 (2022-05-19、オンライン)

2022年5月19日 (木) の晩に、日本気象学会 気象学史研究連絡会の主催する 気象学史研究会がオンライン開催されます。今回は、「古典籍・古文書の自然現象記録を用いた気候復元と気候変動」を主題として、青野 靖之 さんによる「古典籍の植物季節記録による京…

IPCC第6次報告書連携シンポジウム (2022-04-26 オンライン)

2022年4月26日 (火)、環境研究総合推進費の複数の研究プロジェクトによる シンポジウム「気候変動の影響はどうなる? どう対応する? -- IPCC第6次報告書と日本の研究報告」がオンライン開催されます。くわしくは、S-18プロジェクトのサイトにあるこのシンポ…