macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

IT

Unix のコマンド名 -- 不満だが がまんしてつかう

IT

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - [2022-04-25 Unix系 OS (例、Linux) のいいところ、不満だががまんするところ] のなかで、つぎのように書いた。 古くからあるコマンドは、字数がすくなく、1文字まちがえると他…

わたしの境界条件となっているノートパソコン

IT

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】【この記事は個人的おぼえがきです。自分に対するグチと、世間 (とくに Microsoft社) に対するグチをふくみます。しかし、専門知識を提供するものでも、意見を主張するものでもありま…

Unix系 OS (例、Linux) のいいところ、不満だががまんするところ

IT

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - [2022-03-27 コマンド行インタフェース (command line interface) と GUI] の記事に書いたように、計算機をコマンド行インタフェースでつかうのを奨励したいことがある。そのば…

コマンド行インタフェース (command line interface) と GUI (2): テキストエディタ

IT

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】【この記事は、大学の学生むけの教材のつもりで書きはじめたのだが、わたし個人にしか意味がなさそうな部分がまじってしまった。その部分も、わたしに質問をする学生がわたしが何をこ…

コマンド行インタフェース (command line interface) と GUI

IT

【まだ書きかえます。いつどこを書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - 【約 1年まえ、Linux をつかった計算機実習をはじめるにあたって、背景知識を整理しようと思ったのだけれど、記事にするのは 1年後のいまになってしまった。】人がディジタル計…

プログラム言語についてのわたしの考え、とくに Python について

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - プログラム言語について、ネット上で会話したのをきっかけに、自分の考えをまとめておこうと思ったのだが、わたしの考えは、まえに書いたつぎのふたつの記事から、かわっていな…

情報処理技術についての記事カテゴリー 「IT」をたてます

このブログのプラットフォームである「はてなブログ」では、各記事に「カテゴリー」を指定できます。ひとつの記事を複数のカテゴリーに入れることができます。このブログには、情報処理技術に関する記事をときどき書いているので、それをまとめてみるための…

WindowsでのAnacondaの複数ユーザー共用はむずかしい

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたか、かならずしも明示しません。】【この記事は、職務に関連するものではありますが、専門的知識の提供でも、意見の主張でもなく、自分の考えを整理するための おぼえがきです。】 - 1 - まえに [2021-05-09 気象デ…

わたしの計算機利用の経験と現状 (OS、プログラム言語などの概略)

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】【この記事は、個人的覚え書きです。読者にとって有用な知識の提供をめざしていません。また、意見をふくむことはありますが、意見の表明をねらった記事でもありません。】 - 1 - 計算…

わたしがよくつかうデータ形式 (2) テキストファイル、空白くぎり 兼 フィールド長固定

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 0 - [第1部]のつづき。[わたしがAwkで扱う「物理的」標準データ形式: 表を表現する空白区切りのテキストファイル] を改訂・補足したものである。 - 1 - 計算機であつかわれるデータ…

わたしがよくつかうデータ形式 (1) 論理的構造 ... たてよこの表、不完全な正規化

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - データを、計算機上でつかうために、どんな形でもつか、という問題がある。それは、もちろん、どんな対象のデータであって、どんな目的でつかうかにもよる。ここでは、わたしが…

「Go to」をめぐって

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたか、かならずしも しめしません。】【この記事のうち、第2節までは、国民のひとりとして政策に対する意見をのべるものです。ただし、意見を根拠づけて論じることは省略して、自分にとっての結論的主張だけを書きま…

情報検索では検索結果集合演算をしたい

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたか、かならずしもしめしません。】 - 1 - 文献データベースのようなものをつくるプロジェクトに参加している。文献自体がはいっているのではなく、文献についての記事がはいっている。書誌情報データベースといった…

学術データの長期保全の場の持続可能性がほしい

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - わたしは、「地球環境科学」と大まかに表現できるような学問の専門家になった。その中でいろいろなデータを見てきた。「データ」という表現をするのは、計算機上で作業をするこ…

大学の授業で数値シミュレーションの初歩をやるためのソフトウェア基盤の弱さ

IT

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】 - 1 - わたしが大学の非常勤講師として担当している授業 (地球科学、とくに気候の科学) の中で、数値シミュレーションの演習問題を入れたい。数量が法則にし…

パソコンをめぐるある日の七ころび八起き

IT

【この記事は まだ 書きかえることがあります。 どこをいつ書きかえたか、必ずしも示しません。】【この記事は、単なる生活雑感で、専門的見解でもなければ、意見の主張でもありません。】ある1日のうちに、「七ころび八起き」(実際の回数はその半分くらいか…

情報処理教育に関するわたしの経歴

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】【この記事は個人的覚え書きであり、知識を提供することも、意見を言うことも、直接には意図していない。ただし、今後、知識提供や意見の記事を書くときに背景説明として使う可能性を…

研究所の電子メール用ソフトウェアについての意見

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 0 - 2016年11月、わたしの勤務している法人の情報システム管理部門から、コンピュータセキュリティの確保のために、所内の電子メールのクライアントソフトウェアを制限したいという…

研究所共通の計算機はデータ共有の場という機能が重要

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 0 - 所属する研究機関の職員が共通に利用する計算機が、来年度に更新される見通しになって、その計画について職員からの意見募集があった。わたしは、更新後の計算機の利用者にはな…

古い情報はどのような形で持続させたらよいのか

IT

【まだ書きかえます。どこをいつ書きかえたかを必ずしも明示しません。】 - 1 - ほんの(?) 20年前、世界の、(どんな人にとってかによって事情が違うだろうが、たとえば地球物理学者にとって)重要な、(機械計測や計算結果でなく)人が記録した情報の大部分は、…

ディジタルデータによる(地球環境についての)博物館の構想 (1991年ごろ考えたこと)

IT

25年ほど前の1991年ごろ、わたしは「ディジタル博物館の構想」のような文章を書いたはずだ、と思ったのだが、どこにも残っていない。書こうと思っただけで書きあげなかったのかもしれない。当時からのわたしの関心は、気候を含む地球環境のデータを整備する…

NCARのデータマネジメントについて、わたしが知っていること

IT

アメリカ合衆国のNational Center for Atmospheric Research (NCAR、全国大気研究センター http://www.ncar.ucar.edu )のデータマネジメント業務について、おたずねがあった。わたしは1980--90年代、おもにデータ利用者として、NCAR Data Support Section (D…

ベテランプログラマーの出番か? 応用科学史家の出番か?

IT

わたしが自分が「ベテラン」の情報処理職人だと思ってからしばらくして、本物のveteran (アメリカの退役軍人)と情報処理技術のからんだニュースに出会った。 Slashdot日本語版 http://it.slashdot.jp/story/13/07/14/0555217/ COBOLで書かれた米国防総省の給…

ベテラン

ひとつ前の記事(のもとになったプレゼンテーションファイル)を書いたとき、ふと、自分は「ベテラン」だと言いたくなったのだ。1960年代の子どもとして、わたしは日本語に「ベテラン」ということばがあることを知った。おもにスポーツの報道で使われていたが…

地球環境データ統合解析の場について、ベテランからの提言

IT

データ統合解析の場について 1980年代に地球環境ビッグデータユーザーだったベテランからの提言2013年6月21日に作成してまだ使う機会がなかったプレゼンテーションファイル。[2013-12-21改訂] これまで画像で示していたが、HTMLテキストに変えて、[別のウェ…

専門的データの利用の形(提供の形を考えるために)

IT

(ひとまず前提を省略し、わかる人にだけわかるように書いていることをお許しいただきたい。)専門的データを提供する際に、いくつかの利用のしかたを区別して対応する必要があると思う。わたしは地球環境に関する時空間分布をもった数量データを想定している…

マイクロソフトオフィス脱却はうれしいのだが、完全には脱却できそうもない

IT

5月14日の記事で書いたように、わたしの今の職場のパソコンのOSは(わたしが苦手な) MS Windowsばかりだ。そしてその上で職員間で共有される文書の形式は、Microsoft OfficeのWord, Excel, Powerpointのファイルが大部分をしめている。【ただし旧形式(doc, xl…

マイクロソフトの牢獄にて

IT

わたしが4月から勤めることになったオフィスには、職員ひとりひとりの机にパソコンが備えつけられている。大きなディスプレイが二面あるのはありがたい。しかし、そのOS (オペレーティングシステム)がMicrosoft Windowsだ。そのうちでは慣れているXPであるこ…

昔、大型計算機センターというものがあった

IT

所属している機関の計算機更新構想の話を聞いて、次のような意見を言いたくなった。「機関共通の計算機の必要性は、計算をする機械としてよりも、職員間でデータを共有する場としてのほうが大きいのではないか。」そのことを文章にしようとしたのだが、頭が…

公費による科学研究で作られたソフトウェアが公共の役にたつように

IT

2月6日に「科学者はプログラムやデータを公開するべきだ」とはどういうことか?として書いたことの一部を、もう少し論じる。データにもあてはまる面があるが、計算機用のソフトウェア(「プログラム」とも書く)をおもに考える。最近、気候変化研究に関して問題…