macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

ヘクトパスカル(hPa)

気圧の単位として、今ではヘクトパスカル(hPa)が標準的に使われる。気圧は圧力であり、圧力のSI (国際単位系)の標準の単位は、メートル・キログラム・秒のかけ算・わり算で組み立てられたパスカル(Pa)[ニュートン毎平方メートル]だ。ヘクト(hecto)はSIでも認められたメートル法の接頭語で「百」のことだ。したがってヘクトパスカルを使うことはSIの範囲内ではある。しかし、SIでは、なるべく千の整数乗(十のn乗でnが3の倍数になるもの)の接頭語を使うことが勧められている。1000 hPaというよりも、100 kPa [キロパスカル]のほうがよいのだ。実際、工学系の多くの分野では、従来の単位からSI単位に移行する際にはキロパスカルを使うことにしたそうだ。ヘクトパスカルを使うことは気象の分野の方言のようなものになっている。接頭語「ヘクト」も、これ以外で思いあたるのは、メートル法ではあるがSIではない(農地などに使われる)面積の単位ヘクタール(ha)だけだ。

SIの体系が確立する前のメートル法では、メートル・キログラム・秒のかけ算・わり算で組み立てられたものに適当な10の整数乗をかけた単位がいろいろあった。圧力についてはバール(bar)というものがあった。これは、ニュートン毎平方メートル(むしろ、センチメートル・グラム・秒から組み立てられた「ダイン毎平方センチメートル」かもしれない)を基本として、適当な10の整数乗をかけて、平地(海面と標高が大差ないところ)に住む人が体験する気圧として1の桁の値が得られるものが選ばれたのだと思う。気圧の変化を論じるにはこれの千分の1の桁が重要になるので、バールの千分の1のミリバール(mbar、気象ではmbと書かれる)が使われるようになった。「天気図」は基本的に気圧の分布図であり、その数値はmbで表示されることが長く続いてきた。ミリバールはパスカルの百倍なので、ヘクトパスカルと言いかえれば使い慣れた数値をそのまま使いながらSI標準に従うことができた。

ミリバールが普及する前の時代は、気圧の単位として水銀柱ミリメートル(mmHg)が使われていた。水銀気圧計で測定される長さそのものだ。ただし精密に言うと、その長さは温度と重力加速度によって変わるので、測定されたものを補正して標準の温度と標準の重力加速度のもとでの値にする必要がある。

海面の高さでの気圧にはもちろん変動があるが、その代表的な値として760 mmHgが採用された。換算すると1013.25 hPaとなる。この値が「1気圧 (atm)」として単位のように使われることがある。ただしこれを単位のように使う習慣は気象学者のものではなく、他の科学・工学分野のものだ。