macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

新型コロナウイルス患者の東京・埼玉・千葉・神奈川の市区町村別分布を見る (7) (5月15日まで)

都道府県が発表した陽性確認患者数のデータを地図上に表示する。

5月16日夜までに、(6)の1週間後の5月15日までの人数が出そろったので、作図しなおしてみた。

患者数のデータ源は(1)..(6)の記事と同様。ただし、

  • 東京都は「第353報」(5月16日)の「別紙」 2020051601.pdf。
  • 埼玉県は「埼玉県内の新型コロナウイルス感染症の発生状況(2020/05/15 21:00)」 jokyo20200515.csv 。
  • 千葉県は千葉日報のサイトから5月16日21時にダウンロードした 200515.jpg (内容は15日20時現在)。
  • 神奈川県は5月16日21時にダウンロードした patient.csv、ただし発表日が2020-05-16となっている記録をのぞく。

- - - - -
(2)の記事の2番めの図、(3)(4)(5)(6)の記事の最初の図と同様に、市区町村別の陽性患者数(人口あたりではない)を記号(赤いまる)の数であらわす。記号は市区町村の代表位置(市役所など)の付近にしめされる。神奈川県の保健所管轄区域ごとの人数は、保健所のある市の代表位置にまとめてある。患者数が10未満のところは表示されていない。(東京都23区は全体として人数が多いというだけの図になってしまった。)
f:id:masudako:20200517012158p:plain

- - - - -
陽性患者数を人口(2020年3月1日現在の各都道府県推計値)でわったものの分布は、つぎのようになった。神奈川県は保健所管轄区域内の市町村を同じ色でぬった。
f:id:masudako:20200517012035p:plain

全体に人数がふえているが、分布の特徴は(3)(4)(5)(6)からあまりかわっていない。ただし東京都に変化があるのは、「調査中」が1週間前の552人から24人までへったことに関連している。1週間前の「調査中」には「永寿総合病院関係195を含む」と注記されていた。これが調査の結果、永寿病院のある台東区などに分配されただろう。その他の「調査中」も分配された。

大きな値としては、東京都の港区(118.2人)、新宿区(113.1人)、台東区(82.1人)、渋谷区(74.4人)、中央区(65.3人)、千代田区(65.1人)、中野区(64.5人)がある。千葉県東庄町(566人)については(3)の記事の注を見てほしい。