macroscope

( はてなダイアリーから移動しました)

新型コロナウイルス患者の東京都の市区町村別分布を見る (11) 2021年1月8日までの累積人数と入院・療養中の人数

都道府県が出している新型コロナウイルス患者の市区町村別の人数は、2020年2月ごろからの累計値がおもである。東京都のばあいは、その内の数として、すでに退院または死亡した人数をしめしている、それをひくと、正確ではないが、入院・療養中の人数の概算値がえられる。このブログでは、2020年11月20日からの毎週金曜日の数値(土曜日の夜おそく発表される) を見てきた。説明はつぎの最初にあげる[2020-11-25の記事]を見ていただきたい。島部 (伊豆諸島・小笠原諸島) については、無視するつもりはないが、あわせて地図にしめすのがむずかしいので、省略している。

今回は(東京都1月9日発表による) 2021年1月8日までの患者数に更新した。数値の階級わけや色わけは、[2020-11-25の記事]を書いたときに たまたまつかったもののままだが、比較しやすくするために、わざとそのままにしてある。(念のためいちばん上の階級を分割したが、それはまだ実質的につかわれていない。)

- - -
人口あたりの陽性患者数(1月8日までの累計値)。累計値なので当然ながら、前回までの値と基本的な分布は変わらず、全体に数値がふえている。
f:id:masudako:20210109235805p:plain

- - -
人口あたりの陽性患者数(1月8日の入院・療養中の人数の概算値)。まえの週よりも上の階級にうつっているところが多数ある。十万人あたり200人以上になったのは港区 (258.4)。それをふくめて23区のうち17区と多摩地区の7市町村で100人以上になってしまった(多摩地区の西端の檜原村の101.3は実人数2人で分母とした人口が少ないから生じる異常値ともみられるが)。
f:id:masudako:20210109235827p:plain

- - -
各市区町村の入院・療養中の人数の概算値 (人口あたりではなく実人数) の時系列を別ページ[東京都 (区部・多摩) 市区町村別 入院・療養中の陽性患者数概算]にしめしているが、これも1月8日の数値を追加した。